診療時間

※△:土曜日のみ 8:30 - 12:00 / 13:15 - 15:30となります。

受診のご案内

受診の際のお持ちいただくもの

健康保険証(初診時/月初)、お薬手帳、お手持ちのお薬(お薬手帳がない場合)、紹介状(お持ちの場合)、公費受給者証(お持ちの場合)

初診の方へ

保険証をご用意ください。現在服用中のお薬があれば、お知らせください。
(薬局からの説明の文書、お薬手帳をお持ちの方は持参してください。)
症状を充分にお伺いして、診察、検査後に適切な治療法をお勧めするよう努めます。

一般内科

発熱、咽頭痛、咳・痰、などの感染症症状、食欲不振、嘔吐、腹痛、下痢などの胃腸の症状だけでなく腰痛、肩こりなど気になる症状があればいつでも受診してください。頻尿などの症状もお気軽にご相談ください。
また、高血圧、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症など生活習慣病は症状がなくても命にかかわる重大な合併症を引き起こす恐れがあるため、定期的な通院と検査が必要です。

例えばこんな症状

朝37.2度、夕方37.7度以上。寒気や震えがある場合は受診を。

発熱とともに白い点々(白苔)などもある場合は受診を。

急に起きた場合、脈打つ痛みや非常に強い場合は受診を。

痰を伴う場合や、夜眠れないほどの咳、ゼーゼーする場合は受診を。

急に起こった場合や息苦しさもある場合は受診を。

冷や汗を伴う胸痛が出た場合には、たとえ深夜であってもすぐに救急車を呼びましょう。狭心症の場合、症状がある時だけ心電図に変化が出るので、すぐに受診してください。

深夜にぜーぜーする場合や就寝後仰向けで症状が強くなる場合は受診してください。

我慢できない痛み、高熱を伴う場合、1日10回以上の下痢を伴う場合、血便を伴う場合は受診してください。

緊急性が高いためすぐに受診してください。

血管の病気の場合、暑くもないのにひたひたとした冷や汗をかくことが多いです。背部の突然の痛みの場合多くは尿管結石が考えられますが、動脈解離の可能性もあるため、医療機関への受診が必要です。

血液内科

これまでの診療経験を活かし、症状が安定している血液疾患については当院でも診療が可能です。

例えばこんな症状

皆さんが良く言われる「貧血」の症状に、血液の病気ではない病気も混じっています。立ち上がった時にふらつく症状はサルコペニアといい、加齢に伴う筋力の低下で、身体を保持する筋肉の減少が原因です。気が遠くなるような感じや目の前が暗くなる症状は脳への血のめぐりが低下している「脳貧血」か起立性低血圧の場合があります。まれに致死的な不整脈の場合もあるので受診をお勧めします。

鼻血が出やすい、知らない間に手足に青あざや盛り上がりのない赤紫色の点々が出ている場合、受診をお勧めします。

痛みを伴って腫れている場合は感染に伴うものが多いですが、痛みがなく、全身的に腫れている場合血液のがんである悪性リンパ腫の可能性があるため、受診をお勧めします。

保険外診療

麻疹、風疹、インフルエンザなどの予防接種も承ております。待ち時間の短縮のためにご予約いただくようお願いします。

CONTACT

お問い合わせ

当院についてのご質問・ご相談ありましたら、
お気軽にお電話ください。